何気ない表情の時でも口角がちょっと上がっていると、印象が良いですし気持ちも自然とポジティブになってきます。
普段から鏡を見たときにはちょっと口角をあげるように癖をつけているのですが、意識してないときには口角が下がり、仏頂面になっているかもしれないと考えると損をしているような気持ちになります。
ですので、普段喋っていないときでも下の先を前歯の裏につけることを習慣にしておくと自然と口角が上がってくるので実践しています。
同時に口の周りの表情筋も鍛えられるのでストレッチになって一石二鳥です。
表情が豊かな人に人は惹かれる傾向があり、そういった人の方が信用されやすいということがデータでいるそうです。
何故かと言うと、表情が変わらない=何を考えているかわからない=嘘をつかれているかもしれないと悪いほうに憶測が及んでしまうそうです。
したがって、普段から表情豊かにしている方が良いも悪いもわかりやすく表に出ていて嘘がない人=信用できる人というふうに繋がります。
また表情が豊かな人ほど相手の心情を見抜けるという統計結果も出ています。
このようなことから、普段からこ表情豊かに過ごしていると自分の周りに人が集まってきて楽しく過ごせるようなコミュニティができると思います。beltmanhumanresources.com